tel. 04-7137-7543

楽しく
人生をデザイン

あなた「らしい」ライフ
スタイルをデザイン。
豊かさとワクワクがある
感動の住まいづくりを
お手伝いします。

menu

menuclose

crie journal

クリエ通信

作品と、古民家と、友人と。【後編】

ブログ

2019.12.05
作品と、古民家と、友人と。【後編】

ステキな古民家をクリエイティブなお二人が、お二人の“らしさ” 溢れる新たな空間へと変えた工芸館のお話し、後編です♡

  • こんにちは、クリエ広報丸山です('ω')ノ
    とうとう12月に突入し、2019年最後の一ヶ月を迎えました(''ω'')!
    忙しくなる“ 師走 ”の一ヶ月❄
    やることたくさんの師走ではないかと思いますが、とは言え2020年を後悔なく迎えるためにも、2019年の残り1ヶ月を楽しく過ごしていきたいものです♪

  • さてさて、前回コチラのブログでお届けした、広報丸山の 埼玉・白岡の旅🚃
    今回は後編ということで、友人と陶芸家である友人のお父様のわくわくするような作品が並ぶ、アトリエを兼ねた『白岡工芸館』OPENに伴い行われたDIYについて、また少し別の角度からスポットを当てたクリエ通信お届けします✒

  • 今回OPENに伴い、洗面室や浴室など水廻りほか、工芸館で開催される陶芸教室のお部屋を新たに増築したとのことですが、ほか一部床の張替えをはじめカウンターや棚も友人親子がDIYにてリフォームしたとのこと!
    素人とは思えぬ出来栄えで、DIYだったのかー( ゚Д゚)と驚きましたっ!

  • 画像

    前回もご紹介した写真ですが、写真に写る床はDIYにて張替えた1部!かなりキレイに貼ってありました👏

  • 画像

    素敵な作品が並ぶこちらの造作棚も自主制作。更に器を美しく魅せてくれる、キレイな温かい木製の棚。

  • 画像

    食器が置かれた棚のキレイなブルーは、友人が自ら塗ったとのこと💡落ち着いた古民家を彩る、差し色になるカラーです(๑ت๑)ノ

  • 画像

    そんな素敵な棚に並ぶのは、もちろん陶芸作品である器。味わいある温かい器が贅沢に陳列されております╰(*´︶`*)╯♡

  • ちなみに食器棚の奥にあるお部屋は、前回のブログでもご紹介した通り、隔週の金土に開催予定の陶芸教室を行うお部屋だそうで、増築に加えて、こちらもお父様のDIYにてリフォームを行ったとのこと💡

  • 画像

    キッチンの面材部分も、リメイクシートを貼って新たなデザインとして生まれ変わりました✨こちらはご家族の方が張替えを行ったそう💡

  • 画像

    キッチンの壁面も、リメイクシートでDIY!異なるカラーの配色、古民家の雰囲気に馴染んでます٩( 'ω' )و

  • 画像

    そしてこちらのカフェカウンターもお手製!!来場されたお客様さまに、こちらで温かいお茶を出して差し上げる場面も見られました🍵よく見るとコーヒーミルが設置されておりますが、オシャレカフェのような雰囲気漂います。

  • 作品が並ぶ空間とカフェカウンターのある空間が、少々異なる雰囲気が出ているところも魅力的!と個人的に感じました💡

  • ただ作品を見ていただくだけではなく、ご来場いただいたお客さまとカウンターでお話しをする友人の中に混ぜていただきましたが(笑)、このような場面も温かくてステキだな~と感じました❤
    『作陶展』ということで、展示会のメインは友人とお父様が作られた陶芸品なのですが、我々工務店同様、やはり温かな “人と人”との出逢い、交わされる言葉の温かさも、展示会の醍醐味ではないかなと感じます。
    器を購入する際、器の大きさやデザイン、重量など、用途に応じて適した器を購入する、またはそのブランド等が好みで購入する、などが多いかと思いますが、器の作者とコミュニケーションを取りお買い物する、ということは比較的非日常かと思いますし、作者の人間性に惚れて購入した、といった理由も素敵ですよね❤

  • 画像

    ちなみに、こちらのスカイブルーなドアの色も友人が塗ったとのこと!

  • 画像

    陶芸教室への入り口もブルー♪ブルーの差し色が優しく入る古民家でしたʕ•ᴥ•ʔ

  • 友人含め、陶芸家ではあるもののDIYはプロではないお二人。
    とは言え手先は器用でしょうし、作るということ、デザインの観点についてはプロ。
    そんなお二人がキレイにDIYでリフォームを行うということ、さすがだな~としみじみ感じますね。

  • クリエに入社する数年前のお話しになりますが。
    以前友人の自宅へ遊びに行った際、近くのアトリエへお邪魔して焼きあがった器にデザインするといった体験をさせていただきましたが、

  • とんでもなくセンスゼロだった記憶が(笑)

    当たり前のことですが、何かをゼロから生み出す労力というのはとんでもなく力のいることではないかと思います。
    そんなことを感じさせてくれるのが、自らの “体験” です。
    そんな体験を快くさせてくれた友人とお父様の、アトリエを兼ねたこの “ 白岡工芸館 ” 自体が “ お二人の作品 ”のように感じますね。
    そして作品に詰まっているのは、宝物。
    まだまだ始まったばかりの工芸館です、これからどんなワクワクを私たちに届けてくれるのか楽しみですね♡

  • ちなみに、今月既に決定しているイベントをご紹介✒
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    12/9(月)~15(日) 『吉村竹彦個展 絵本原画展』
    12/24(火) 『陶の灯り展』 ※コチラのブログでお届けしました、手作り照明が見られるそうです♪
    12/13(金)14(土)・12/20(金)21(土) 『陶芸教室』
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ちなみに友人とは学生時代に出逢い、現在13年程の付き合いになります。
    こんなに長い付き合いになるとは!!と、お互いに思っているはず 笑
    出逢いは宝です♪

  • 画像

    陶芸品の器を使用して入れてもらったコーヒー、御馳走様でした❤

  • *白岡工芸館*
    〒349-0218 白岡市白岡869
    インスタグラムアカウント→shiraokakougeikan

  • 関連カテゴリー

    TOP