tel. 04-7137-7543

楽しく
人生をデザイン

あなた「らしい」ライフ
スタイルをデザイン。
豊かさとワクワクがある
感動の住まいづくりを
お手伝いします。

menu

menuclose

crie journal

クリエ通信

今、感じること。

ブログ

2019.10.14
今、感じること。

GWでの帰省時に撮影した、緑が美しい 地元長野の風景。

  • 改めまして、この度の台風19号にて被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
    屋根の上にブルーシートがかかり、未だ台風15号の爪痕が残る地域にも覆いかぶさるようにやってきた台風19号。
    そして今回、東京都の多摩川をはじめ川が氾濫し水没する地域が多く見られました。
    私の地元である長野県内では千曲川の堤防が決壊し、13日起床後私の目に移りこんだのは、TVで放映される、濁流が町を飲みこんでいく恐ろしい映像でした。
    その後、しばらく経ち、何度も車で通った見慣れた場所が、まるで川の中に町があったかのような光景へと変わっている姿も目にしました。
    濁流にのまれる瞬間を、またその後の様子を直接目の当たりにした、住民の皆さまが感じられたであろう恐怖と悲しみ、本当に本当に苦しかったと思います。

  • 被災された皆様が、私と同じように誰かにとっての大切な故郷に住む皆様が、安心して、笑顔で過ごせる日々がとにかく一日も早く訪れることを、心よりお祈りいたします。

  • 今回は関東直撃と言われ、台風15号を上回る 過去最強クラスと言われた台風19号。
    今度こそ家のガラスが割れてしまうのでは、と心配し、段ボールで補強したり、ライフラインを考慮し出来る限りの準備をしたり。
    実際、ピーク時の暴風は大変な恐怖を感じるパワーでした。
    そんなとき心強かったのは、家族や友人との電話やLINEでした。
    お互いに (時には、別の誰かのことを)心配しあい気づかいながら、今回の台風を乗り越えました。

  • 食料やもしものときのお水、停電時の為のライトや携帯等のフル充電、いざ避難指示が出た際にすぐに動けるよう荷物の準備にハザードマップの事前周知といった、“ もしも ”の時の日頃の備えというのは勿論のこと、
    こんなときこそ『人』とのつながりというものが、大変重要であると感じました。
    確か台風が来る前の準備をしていたご年配の方だったかと思いますが、一人は大変だ と、とても辛そうな顔をされていたのを、メディアを通して見ておりました。(その後、ご家族が来ると言っていたかと思いますが)
    『超高齢社会』を迎えた日本では、ご年配の方がお一人で自然災害と向き合う場面が多くなってくるのではないかと思います。
    そんなときに地域のコミュニティーというのは大切なものだな、と感じます。
    災害時の準備はもちろん、不安な思いを共有し支え合うことは、心を落ち着かせてくれる安定剤のようなものではないかなと思います。

  • 私自身今回、離れて暮らす家族や仲間に大変助けられたということ、そして助け合うことの大切さを改めて感じました。
    またSNSでは、ガラス飛散防止方法が拡散されたり、台風後、実体験を元にした役立つ情報などを私も目にし、『なるほどな~』と勉強になる点がありました。
    SNSも適切に利用することで、現時点での情報や各々が持つ工夫やアイディアなど、命を、生活を守る情報共有の場であると共に、自分一人ではないんだ、という想いを持てる場になっていくのではないかと思います。

  • そしてもう一つ。
    “ 命を守る家に住む ”という、住まいづくりの部分にスポットを当て、その重要性を感じられた方も少なくないはずです。
    ガラスが割れてしまうことを心配していた私は、掃き出し窓等へのシャッター設置の重要性を感じました。
    今年の猛暑もそうですが、どんどん気候が変わっていく日本。
    断熱性能の重要性も改めて感じましたし、安心して、心地よく生活出来る住まいづくりというものを、自然災害や異常気象を通じて考えさせられました。
    つまり工務店である私たち クリエすずき建設は、変わりゆく日本の気候に合わせ、この先もこの日本という場所で皆さまが快適に住まうことの出来る家づくりを行うことが、私たちの使命となっていくのだと思います。
    「では、そういった造りとはどのような家なのか?」、私たちはより深く学んでいく必要性がありますし、お客さまへ提案させていただくことの出来る工務店でありたいと感じます。

  • 改めて、被災された皆様が、一日も早くいつも通りの “日常” を取り戻せますように。

  • 関連カテゴリー

    TOP