丸山 香織の “ ひとりごと ” 「 柏 × 人 」

 

 

先日お送りしましたブログ、《 粟屋 幸児の “ひとりごと”~2018・秋~ 》 、

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

更新後にお打合せのあったお客さまから、早速ご覧になられたとのお言葉があり、

 

 

嬉しい限りでした(/ω\)

 

 

人生でもとても大きな買い物である、『マイホーム』。

 

 

夢溢れる中でも、特にお金のこと、不安や心配お有りかと思います。

 

 

住まいづくりの提案はもちろんですが、

 

 

費用の面についてのお困り事も、

 

 

お気軽にプロデューサ-を頼っていただければと思います💡

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんな粟屋に続き、今回のブログタイトルは

 

 

《 丸山 香織の “ひとりごと” 「柏 × 人」》。

 

 

そうです、今回は、クリエの拠点である “ 柏 ” に対して鈴木の想いと活動、

 

 

そして私の想いを綴っております!

 

 

しばしお付き合いいただければ幸いですm(__)m

 

 

 

 

先日、代表 鈴木と 現在の “柏駅周辺” について話す機会がありました。

 

 

最近の柏駅周辺、学生さんやビジネスマンの方が歩いているのをよく見る一方で、

 

 

ちっちゃな子供さんとママの姿、シニア世代のご夫婦のお散歩風景って、

 

 

比較的少なくないですか?

 

 

そこには、くつろげるような広場 や緑いっぱいの公園などがない、

 

 

ということが一つの要因となっているようです。

 

 

そこで、最近の鈴木は仕事以外に、こちらのブログでもご紹介した、

 

 

柏駅周辺を活性化させる為活動を行うUDC2 』の様々なイベントに

 

 

ボランティアとして参加しているんです💡 

 

 

 

 

 

 

更に話しを掘り下げますと、

 

 

鈴木が高校生の頃というのは、現在と比べ柏駅付近にはおよそ3倍の人がいたそうな。

 

 

私はかれこれ10年生活しておりますが、駅周辺は生活のメインエリアでした。

 

  

ここ最近で言えば、“そごう” をはじめ、

 

 

私も通っていた、某人気カフェがなくなったこと、

 

 

クリエスタッフも常連で、大好きだった某ラーメン屋も閉店、

 

 

10年近く前は大分活気づいていた、人気のアパレルブランドが入る駅ビルも、

 

 

最近は大分さみしくなりました。

 

 

つまりは、

 

 

柏駅前に出掛けるキッカケのデパートをはじめとしたお店が、

 

 

閉店していっていること

 

 

これが、柏駅周辺に人が集まりにくくなっている要因でもあると思うんです。

 

 

鈴木曰く、以前は 買い物をするなら柏、であったと。

 

 

 

 

そんなこともあり、柏でお店等を経営する方や柏に興味を持つ皆さまで結成され、

 

 

人が集まる場所にしよう、などの目的を持った商店会ウラカシ100年会』、

 

 

こちらにも鈴木、参加しております。

 

 

 

 

 “ UDC2 ”  “ウラカシ100年会” 2つのグループの活動目的を見てわかる通り、

 

 

鈴木には、柏を盛り上げたい” という強い情熱があるんです!

 

 

(あぁぁぁっつ!💦)

 

 

 

 

 

  

 

とは言え、とは言えですよ?

 

 

半面、オシャレで美味しいカフェや飲食店が新たに出来ていることも知っています。

 

 

柏駅前の通りでイベントが行われていること、

 

 

盛り上がっていく“要素” って数多く存在していると思うんですよ。

 

 

 

その “要素”を 生み出すのが “ UDC2” であったり、“ ウラカシ100年会 ” であったり、

 

 

そこに参加し盛り上げていく為の要素を一緒に生み出しているのが、

 

 

最近の鈴木です(*‘∀‘)

 

 

老若男女、みんなで楽しくワイワイやろうよ!ということです(^^♪

 

 

盛り上がっていた頃の柏駅周辺を知っている方であれば、

 

 

その頃の賑わいが懐かしむ方もいらっしゃるのではないでしょうか( ˘ω˘ )

 

 

 

 

 

 

現在は鈴木メインで活動しておりますが、

 

 

柏という街自体にお世話になっている、工務店・クリエすずき建設。

 

 

目に見えるものを作り上げることが本業ですが、

 

 

流しそうめん祭りや木工教室など、思い出を生み出すことも得意な我々、

 

 

何か貢献していけることがあるのでは(´-`*)

 

 

ですよね、社長!